スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第08話 『魔術師殺し』

fate08seivafate08airisu

fate08casterfate08

Fate/Zero 第08話 『魔術師殺し』 感想

 

ささ、毎週楽しみなFate。今週のタイトルは魔術師殺し。~殺し、っていうとドラゴンころしとかとある酒の名前とか、そんなんを思い浮かべてしまう俺だけども、殺しって付くからには何かしら有用な手段っつーことだよな。キリツグがそう言われてたんだっけか? その辺りどうなっちょるのか期待。

 

前回はケイネスと切嗣との戦い途中で終わり、セイバー&ランサーvsキャスターの戦いも途中。そいや平行してやってたんだっけか。キャスターの基地っぷりが楽しくてしゃーない今日この頃(´∀`)あとセイバー今んとこ弱いな。飯食うシーン全然ないし……関係無いか。

 

ほいでは、こっから感想ス。

視聴前の方は注意されたし。

 



 

前回の戦闘は一旦置いといてーの、アイリスフィールと舞弥の屋敷からの逃走よりスタート。

fate08airisuビクンってアイリスが反応してテラズッキュン。否、どっかから侵入者が入り込むと反応するセコムビックリ便利なアインツベルン。こないだの水晶珠はカメラ機能があるってだけで、反応するだけなら生身でもできるんか。サーヴァント同士もそんな機能あるみたいだし。切嗣と舞弥は前回アイリスから聞いてたからそんな特技はないのかね。よくある少年漫画で「このでっけぇ気は……」ってやつかな。

 

んで、言峰が来やがってるってのを察知した二人は相談して、切嗣と綺麗が接触するのを防ごうとするわけだけども。こん時のアイリスフィールって、いかにも切嗣と舞弥が不倫、そんな大人な関係ってことを知った上で話してるカンジ。哀しいっちゅーよりも、達観・諦めに似た境地? 切嗣自身が怖いって言ってた強敵を前に、いろんな覚悟が固まってきてると。

 

んで、ここで気になったのは舞弥の尻。なんか四角くて堅そうだぞオイ! もっとスーツ姿のけつはぷりんとさせて欲しかったと思う俺はきっとマイノリティ。対する奥さんの絶対領域は大人の色香。そんなとこばっか見てんなっていう(´Д`)

ここの背景はすげぇ書き込み。

 

衛宮切嗣vsケイネスなんちゃらーアーチボルト

前回の声を掛けたのはあんま関係なかったみたいだ(´Д`)フカヨミし過ぎたか。

隙を突かれて肩撃たれて文句垂れるがプライドはまだ高い。いかん! 典型的なやられパターンですよケイネスさん!

奥の手のあの特別な拳銃の弾込め変えたし、なんかあるね。

 

言峰綺礼vs舞弥、アイリスフィール

幻術に釣られたところ足に投げナイフ刺されて小競り合い、んで外門か!? akiraだアキラ、バーチャのw どの攻撃もすげぇ痛そうやし、女相手でも手加減とか無い。ぱねぇっすよ綺礼さん。

 

「マダム! この男は代行者――魔術師狩りの達人です! ただの魔術でどうこうできる相手じゃない!」

 

おっ、綺礼のこと? 魔術師殺しは。Fateでそんなん言ってたっけなぁ、あんま覚えてナス。

なんだかケルト風の戦闘BGMで言峰の身体を魔術の糸で縛って木に縫いつけ、舞弥がトドメを刺そうとするが。

 

ドゥン! ドゥン!

内気功だか浸透系だかよく判らんけど、木がメキメキなっとるw 魔術師狩りの達人っつーか、ただのむっちゃ強い人やんウヘェ。 魔術に対してどうこう有利ってのがないのかな。マシンガンの弾も効かなかったし(おそらく身体強化で)

 

そしてまずは倒れてた舞弥の顔に蹴り。エゲツネーっ。 しかしこの時の尻はよかった(^ω^)

 

セイバーランサーTAGvsキャスター

魔道書が魔力の源ってのを突き止めて、やろうとしたところ。

 

「フフフフフ 屈辱的でしょ~↑ 映えも無ければ誉れもない魍魎達に押しつぶされ、窒息して果てるのです……英雄にとってこれほどの恥はありますまい。キャハッ♪ その麗しき顔……今こそ失意に歪ませておくレェ! ジャンヌぅ!」

いやーやっぱキャスターいいよキャスター。大好きだ(´∀`)

 

fate08seiva

 

「ストライク・エアーッ」

 

 

そして開いた道をランサーが駆ける。

 

 

 

 

 

「えぐれっ……ゲイ・なんとか!」

またゲイなんとか。狙っているのか。

「貴様……貴様、貴様、貴様、貴様、キシャマーー!!

遂に宝具の魔術書を傷つけられ、触手どもが破裂・血煙を上げる。

「覚悟はいいな? 外道」

「ぐぅうぅぅぅ……(`ェ´)ピャー!!(何か叫びらしい言葉)」

wwwたまんねぇキャスターさん! 拍手しちまった。

 

切嗣vsケイネス

血管浮き上がらせてぴくぴくしてるケイネス。ああ、やられる雰囲気満載。

「見つけたぞ? ドブネズミめ」

楽には殺さないとか言っちゃってるし……そんなんだから足元すくわれるんだぞと。

切嗣が例の銃を撃つ。と、キャスターと相対していたランサーが何か気付く。

「ランサー、己が主の救援に向かえ」

「騎士王、かたじけない」

 

「結局……全ては切嗣の思惑通りに運んだわけか……」

 

過去話?

「坊やの起源は、切断と結合。切って繋ぐ」

ほう、名の通り。fate08

 

破壊と再生と呼ぶには、いささかニュアンスが違う。

一度切れたら完全には戻らない。

不可逆である。

 

弾丸には坊やの肋骨を砕いて入れて……

 

肋骨とられてあんな朦朧としてんのかな。

 

この弾に魔術で干渉すると、切嗣の起源のせいで魔術回路が壊れ、でたらめに繋がってしまう。

優秀な魔術師であればあるほど、廃人コース。

霊装・起源弾。全部で66発。

これこそが魔術師殺し! まさに、まさにだな。

この女の人一瞬CV本田貴子に聞こえたけど違った。俺の耳はそんなもの('A`)

ナタリア(cv渡辺明乃)っていうキャラらしい。うむむ、新キャラ? わかんね。

 

んでケイネスたん廃人コース、つうか血を噴出してぶっ倒れる。

マスターがこんなんになったらサーヴァントは……あ、何か裏技で二重契約してたんだっけな。

しかしかなりの深手を負わせたことは確か。治らんでしょこれは(´Д`)

最初隙を突いたとき、すぐ撃たずに声を掛けたのは、ここの伏線だったんかな。

確実に干渉してくる魔術を使わせるために。

 

場面は綺礼のところに変わり。

アイリスフィールの腹をベアークロー的なので串刺し。ひでぇ。死んだぞこれ。

 

「有り得ない。衛宮切嗣は私と同じ。誰にも理解されず、肯定もされない――虚無なる男のはずだ。そうでなくてはならない……

 

気軽にジョギングでも始めたかのように走り去る綺麗。てか、これは切嗣に嫉妬してるねぇ。自分では認めないだろうけどもw ギルガメッシュのニヤつく顔が想像できるわ。

 

セイバーやっと駆けつけ、アイリスフィールも致命傷で終わりかと思いきや。

身体の中に鞘が! 身体に埋め込んでたのかー。

傷を癒す宝具の鞘。セイバーにも内緒にしとけと切嗣に言われた。信用してるのかしてないのか。いんやそうゆう次元ではないか。

 

ってとこで終わり。今回も楽しかったナー。

ストーカー体質はキャスターだけと思ったけど、言峰綺礼もだな。どこかに執着しまくって。

ケイネスの陣営は今回でかなり不利になったか? マスター同士の戦いを避ければなんとかなるか。

Fate/Zero 関連商品
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」 感想 from 日刊アニログ
このような戦いをするために聖杯戦争に参加してるのではない! 魔術を駆使して攻撃を仕掛けてくるケイネスの前に劣勢の切嗣。 しかし切嗣には相手が優秀な魔術師であればあるほど >>READ

2011.11.25

プロフィール

イチロウタ

Author:イチロウタ
ようこそ!このブログは
アニメ寄りな雑記が多いです。
同じような趣味な方、
相互リンク歓迎(´∀`)

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
公式リンク
境界線上のホライゾン
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。