スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾン 第07話 『武蔵の騎士』

tunagumono

 

境界線上のホライゾン 第07話 『武蔵の騎士』

 

さあなんだかんだ言ってもう第7話だな。今回の内容は、前回提案された臨時生徒総会の模様。

 

はしょりすぎじゃね?

 

でなんだが……かーなーりー、かなり、端折ってるな(´Д`)

今回までアニメのほうでは尺の都合のこともあって、かなり端折ってるってことは解っていたことなんだが、今回のは初見バイバイが酷すぎるんじゃねぇのか、とwまあ第7話まできといて初見サンもないか(・∀・)未読の人はどう思ったのか気になるトコロ。

 

原作では下地で説明される部分を昇華させるのは難しいのかも。

 

tunagu

とはいえ、今回のロボットアクションや胸の揺れ(笑)、あと毎度のサービスシーン……は無かったっけ。そんな目を惹きつける要素もモリモリで不満は無いんすがネ。実際俺はハマり続けてるし。いや、ハマってるからこそつい不満を言ってしまうのか。

「俺たちは、いろんな戦闘スキル持ってんだぜ~」的な説明とか、なんでそんなやり方をするんだ?みたいな。そろそろ主人公、葵・トーリは動き出すのか否か。

 

詳しく知りたいなら原作嫁!としか。6話からは1巻下を参照に!

 

んで、今回も独りよがりな解説交えつつ、感想といきましょうか。自分自身への復習やら覚え書きともいう。

個人的な見解についてや間違ってたらご容赦を。

 

左上と右下の画像は先行PVで気になってたアレ、やっと本編での出番のとこより。

 

あ、あの……ネ、ネタバレとかあるんで、い、以下、え、閲覧は、注ぃっ……(ガタッ

 



 

hora0701午後0時40分 奥多摩・自然区

 

街の人が全然居ない道。動きがあるとしたら、避難船が空を飛び交うだけ。民が武蔵から退避していってる。

 

臨時生徒総会に向かう本多・正純。思い出すのは父との会話。

 

『武蔵アリアダスト教導院で学生による反抗が生じた。臨時生徒総会だ。お前の不信任決議を行おうとしている。』

「そんなことをしたら――」

……そんなことをしたら大変なことになる。ホライゾンを救出したら、武蔵は大罪武装を保有し、更には三河消失の責任も取らないということだ。その、国家間のルールと聖連の指示を無視した行動は、宣戦布告ととられるのに十分。それに、極東の技術力と貿易力は各国にとっても魅力的なもの。美味そうな餌に魚が群がるように……世界が、敵に回っても、おかしくない。

「行って、説得してこいというわけですね」

『Jud.、今、図書館を会議室として、警護隊の副隊長が残留学生の代表に開催の理由を質して(ただして)いる。つまり、問題なのは現状だ。未来に問題を繋げるな。――行け』

『お前の役目は解っているな?――交渉役だ。既に秘書たちから私達の方向性は理解しているのだから、行け。行って、武蔵に良い結果を与えられるよう、皆と交渉しろ』

 

hora0702サクっと3秒ぐらいで端折られた('A`)図書館会議

副隊長

「我らの中で最強の総隊長は、負傷の残る宗茂にも勝てなかった。争えば、確実に負ける」

シロジロ・ベルトーニ

「私達が敗れるかどうか、それを確定するための素材がまた私達には備わってない。私達が自分を判断できるのは、この状況を抜けてからだ」

だから、

「私達は臨時生徒総会を開催する」

優秀な政治系能力を持つ正純をこちら側に引き込み、正純を学生側代表として聖連と対する。

正純は聖連側の弱点も知っているし、相対してこちら側につけられるのならば、聖連の言い分を覆すことができる

だから、もし私達が正純に勝つことができるなら、聖連を負かすことも可能。

失敗したら私とネシンバラを吊るせばいい、と言ってのけるのだが、三要が怒る。

数少ない目立つシーンをバッサリ斬られて涙目だなw

 

hora0703

ここもズバっとカットされたとこ。武蔵内領主議会

 

暫定議会と王に任せておくと、武蔵内の領地、各町の所有権を失うことになってしまう。しかし教導院側の真意も不透明。なので代表として、学生であるミトツダイラが選出された。

 

 

 

 

hora0704

 

 

 

直政ネイト・ミトツダイラ、そして正純が合流。

機関部代表と、武蔵内騎士階級代表と、政治系代表が。

 

 

 

 

hora0705

午後0時50分 奥多摩・東とミリアムの部屋

 

いつの間にか憑かれていた幼女wの霊をあやす

 

 

 

 

 

hora0706

 

 

 

ミリアム・ポークウ

「いきなりパパになった気分はどう?」

 

 

 

 

 

hora0707

「貴方、自分が東宮なんて、ひとっこともいわなかったわよね?」

 

外に警備隊が居るのは東がVIPだから。帝の子である東の言動の影響力が高すぎるので、騒ぎが起きている今、外に出るのは得策ではない。

 

「みんなを信じましょう。きっとこれからの武蔵と極東にとって、正しい選択をしてくれるはずよ」

 

 

hora0708

午後1時00分 武蔵アリアダスト教導院

 

正純ら三人と相対する生徒達。

巨・普・貧・巨

 

 

 

 

 

 

 

 

hora0709

 

オリオトライ・真喜子

「さーて、これで役者も揃ったみたいね」

正純

「武蔵アリアダスト教導院副会長、本多・正純。臨時生徒総会を認めた上で、全校生徒への提案に来ました」

 

 

 

hora0710

直政

「暫定議会に逆らうとなると、聖連との戦争になるかもしれない。だから聖連に立ち向かえるだけの力があるかどうか、機関部を代表して試して来いって話でね」

ミトツダイラ

「同じく、我々騎士階級は武蔵の人々を守る使命がありますの。しかし犠牲となる選択はなるべく避けたい。その見極めために敢えてこちらへ」

巨・貧・貧(´Д`)

 

hora0711

 

 

なんか校舎から降って来た!!

 

 

 

 

 

 

 

hora0712

 

一同、スルーw

シロジロ

「元会計。シロジロ・ベルトーニだ。よく来たな。この臨時生徒総会で、武蔵の方向性を決めていいと、そのような同意を全生徒から得ている」

 

 

 

 

hora0713

 

 

「つーかなんだい、そのカーテンに巻かれたトーリみたいな塊りは……春巻きかい?」

「今は餃子だ」

「ちげーよ巻き寿司だよ!」

 

つーかなんだい地獄のミサワのようなその表情は

 

 

hora0714

hora0716

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロジロに蹴られて具が丸出しw

「巻いて巻いて、母の様に優しく!」

「ふんっ!」

「おかーさーん!」

このHENTAI全裸な流れ、『いぬかみっ!!』を思い出したね俺は(´∀`)福山だし。

そういやミトツダイラの背負ってるモノも巻き寿司に見えないこともない

 

hora0717

三要・光紀(さんよう・みつき)

「聖連側と武蔵側、代表は三人ずつで二勝選手側が勝利。その結果をもって武蔵アリアダスト教導院の総意とします。ちなみに相対の方法は戦闘・交渉なんでもあり。どんな手段であろうと聖連側は歯向かうことの無意味さを知らせ、武蔵側は抗う方法があることを示せばいい」

長セリフ!

 

 

hora0718

 

 

「ならば一番手は――」

「――あたしが貰うよ。聖連に逆らうのはいいとして、明確な武装のない武蔵がどうやって戦うのか、見せてもらおうさね!」

 

 

 

 

hora0719

 

 

承認、と映されたサインフレームをぶったたく。

「コンタクト!」

 

 

 

 

 

 

 

hora0720

 

武蔵野の機関区から射出された10メートルを下らないソレが、大地に降りる。

重武神"地摺朱雀"(じゅうぶしんじずりすざく)。あたしが地上に居た頃、線上で見つけた武神の破片の寄せ集め。いまじゃあたしの走狗(マウス)が宿って、機関部一の腕自慢さ」

 

つまりはジャンク(゚Д゚)

 

hora0721

 

 

 

「んじゃー、シロ、行けよ」

ただの私怨理由でこのドヤ顔である。

 

「だってこの鬼畜商人毎度毎度俺にひどいこというじゃん?たまには酷い目にあって、自らの過ちをハンセーしてくださーい」

 

 

 

hora0722

「ほう、つまり勝てば、私の言動が正当化できるということか……安い買い物だな」

「あっれー?なんかすごいやる気になってね?」

「リスクも大きいが見返りも大きい。機関部の信頼と我々が武神相手に戦える証明が買えるのだからな」

 

大人な対応なのか、金計算でしかできないのか。

 

 

hora0723

ハイディの仲介支援を用いる為に頭に。

首もとのハードポイントを開けてぴょこんと出てくる白い狐。

頭に乗っけてるってのもなかなかどうして。

 

 

 

 

 

 

 

hora0724

 

「派手に行くよ!」

音楽もアップテンポのに。

胸が揺れる揺れる。毎度こんなとこにまで使うか?っつー効果音は、武神の音であまり聞こえないような。

 

 

 

 

 

 

 

hora0725

 

 

右パンチ!

 

超重量級のパンチによる拳圧の生んだ風。その風の収まる中に、ガード体勢で無事なシロジロの姿。

 

 

 

 

 

hora0726

 

SANCT 集03 改 集結】のサインフレーム

 

一体どういうカラクリで打撃を防いだのか。

 

 

 

 

 

 

hora0727

 

「金の力だ」

ヤッパリー!(゚Д゚)

「私が契約してる商業の神サンクトは、他の神々との術の遣り取りを、金銭の遣り取りでまかなうことができる」

 

 

 

 

hora0728

「警護隊150名の労働力を、一括して時給払いで借り受けたの。警護隊も労働の神の加護を借り受けてるから、後は簡単♪ 仲介手続きのみね」

 

その警護隊の力は今吸われているんかな。労働力の後払いとかは激しく嫌だろうなw

 

 

 

 

hora0729

 

「対等に見えるか?」

「そうだね……だったら、勝負をしようじゃないか!!」

 

背後から巨大レンチを持ち出す朱雀。でっけぇ!!

 

 

 

 

hora0730

 

戦いの舞台は奥多摩・左舷側。自然公園から離れた表層部市街。こんな街中で戦闘して……いいのデス。音楽も戦闘モードへ。

ハイディ

「シロ君。街の方は気にしないで。機関部と交渉して、地摺朱雀の"労働"が建物に向かったときには止めるようにしてもらったから」

 

 

hora0731

 

 

 

「ありがたいね。気にせず暴れていいってか」

このように避けられた攻撃が建物に当たっても、壊すことがないので、気にすることはないっつー。

 

 

 

 

 

hora0732

 

「アンタ、どうして聖連に敵対するようなことを選ぶのさ!もし極東が聖連に支配されても、商人のアンタならすぐに商売再開して生活安定だろうにさ!」

 

 

 

 

 

hora0733

正面からレンチを受け止め、激しい金属音が鳴り響く。

「対決の理由は簡単だ。――少し、金の話をしてやろう!」

 

やはり金絡み(^ω^)

 

※他の国は、共にその戒律において利子収入のための金融業が禁じられている。"働かずして収入を得る無かれ"の教えのもとに。

しかし、極東にはそのような戒律はないし、異端でもないので、他の国は極東側に指示して居留地に極東人の銀行を作らせた。そして多くの国は、極東の暫定支配と歴史再現、その他もろもろの費用のために、作らせた銀行から国家間での長期間に渡る資金の融資、つまりは「借款」として借金しているのだ。そのため、極東が完全支配された場合、それらは全て踏み倒されてしまう。

それだけで済めばまだいい。各国には銀行があり、極東の人々の金が当然入っている。その金も、完全支配されてしまったら奪取され、各国に吸収されていく。

そんな踏み倒しを恐れた人々は、一斉に銀行に集まり預金の引き落としをしようとしていたのだが、聖連は三河の消失を"聖連に対する敵対行為の恐れ有り"として、"敵対行為への資金投入の恐れを避ける"ために極東側の金融を凍結してしまった。

そんな中、唯一、金融が保たれている場所がある。それが武蔵。各国の暫定支配を受けてない独立領土であるため、金融も独立性を保っている。そして、各居留地を中心に、極東の人々が手持ちの金を神社に奉納し、その代演を外燃拝気として武蔵に預ける流れが生じつつある。

危機的状況ではあるが、金融業を使えるのは武蔵だけ。

つまりは何かしら奉納して得た拝気を、武蔵の銀行で株を扱うかのように投資したり換金したりしている。その流れを上手く扱うことができれば、かなりの儲けを産むし、力も集まる。

 

「つまり、武蔵は極東最大の燃料庫となりつつある。いいかよく聞け、武蔵は戦える!武蔵が飛び続けることで、金が集まり続ける限りな!」

 

hora0734

トーリ

「おいおいやるな~。毎日ニヤニヤしながら金勘定ばっかりしてるくせに」

ハイディ・オーゲザヴァラー

「当然よ。シロ君、お金に超汚いところとか超素敵だけど他にもいいとこあるんだからね」

 

……歪んだ愛情?

 

 

hora0735

 

「いつも仕事の後にリビングに居てくれたり、歩いていると時折こっちが居るか振り向いてくれたり、ヤなことあると話聞いてくれたり」

 

普通じゃね('A`)

 

「私もシロ君に対して超汚いのよね」

そんで微笑みながら表示枠のデータを送神。

 

hora0737

 

「甘いねシロジロ!いや、聖連が与えた字名(アーバンネーム)で"冷面"(レーメン)って言ってやろうか」

 

叩いて地面に落ちたシロジロを右手で叩き潰す武神。

 

「これで決まりだよ」

 

メイドガイ

 

 

ホントにどうでもいい話だけど朱雀とメイドガイって似てね?

「どういうことさね、ご主人」

 

 

 

 

hora0738

しかしそこだけ切り取られたかのように地面が沈んでいて。

 

「思ったより高くついたな」

 

自分の背にある二畳半分の土地を買い取って、回避した。ここを凹ませるための労働力も買い取ったので高くついた、と。

 

 

hora0739

hora0740hora0741

 

 

 

 

 

 

 

そして蹴り一閃。触れるはずのない建物に寄りかかるはずが、そのまま背中から当たり崩れてしまう。

要はいたずらとかで座ろうとした人の椅子を引いたような状態。座ろうと思ったらズシャー。

胸はぽよんぽよん揺れてますた(^ω^)

「どういうことさね」

「答えは簡単だ……私が買い取ったからだ」

買い取って、朱雀の労働力をキャンセルさせる作用をなくした、と。

 

hora0742

 

 

「馬鹿な……こんな人口密集地を」

「あれを見ろ。武蔵移譲の噂で退避していく人々だ。当然、物件に空きが出てくる」

 

この回いっちゃん最初の空の模様の伏線回収と。

 

 

 

 

hora0743

 

 

 

「なにもかも折り込み済みだってことかい……で、どうして欲しいんだ、機関部に。」

 

あんまり悔しくなさそう。ま、そうか。

 

 

 

hora0744

「仕事だ。武蔵に金を集めるには、無事に飛び続けることが必要だ。だから、お前は私達の仲間だ

――直政」

 

背中がセクスィー

 

まずは武蔵側、1勝!

つか、金さえあればなんでもできるんじゃね?とw

金でお前を買い取る薄い本に胸熱

 

hora0745

 

「次は私ですわね。武蔵の騎士代表として、"銀狼"(アルジョント・ルウ)ネイト・ミトツダイラが尋ねますわ。主不在のこの極東で、あなた達は何を以って、私達を従えるつもりですの? さあ、相対を!」

 

 

 

 

 

hora0746

 

午後1時35分 審問艦・刑場

 

本来は大型妖物用の分解器でスキャンされてるホライゾン

 

 

 

 

 

hora0747

 

wwwwナニを学習しているホライゾンwwww

 

よもやこんなところでクラウザーさんとお目にかかることになるとは思わなかったぜ!

 

「滅多流和歌集 MAN-YOU 入門」

 

SATUGAIせよと判断できます」とか

 

 

hora0748

立花・宗茂立花・誾

 

「油断はできません。武蔵の総長連合と生徒会は健在です。そして極東には神奏術があることを忘れてはいけません」

 

あのような金払えばなんでもデキールよ!な戦いを見せられたならなぁ。

 

 

 

hora0749

 

ネンジ君そんなとこ居たらまた潰されるYO!

トーリ

「ネイトかなりノリノリなんですけどアレ」

 

 

 

 

 

 

 

トゥーサン・ネシンバラ

hora0750

「実はさっきから引っかかってたんだけどさ……騎士は僕たち民より身分が上だよ?それがなんでわざわざ相対なんて」

アデーレ・バルフェット

「自分も気になってました。それに武蔵の騎士は封建騎士じゃないですか」

 

 

 

 

 

hora0751

「えーっと、要するに、ネイトは俺達より偉くて、俺達を守るのが普通なんだよなあ?」

「「Jud.」」

「じゃあこの相対は何か理由があってのことで?その理由さえクリアしちまえばネイトは俺達の味方になってくれるってワケだ……ふっ、それじゃあ……」

 

※武蔵における騎士の話

聖譜記述の歴史に拠れば、中世末期、もう200年くらい前には、騎士と王の領地を報償とする封建貴族の制度は大部分崩壊している。他の国は今、権力と財力を報償とする宮廷貴族の時代になっている。

封建貴族だった騎士達は装備を捨てて、政治・経済・軍事に参加する新しい身分、宮廷貴族となり、有力者には爵位などの位も与えられる。

しかし、この時代の極東は封建時代が生きていて、武蔵は国軍を持たないので、派遣された騎士達は中世そのままの封建貴族になっている。彼らは住居区画の警備や流通、福祉を執り行うことで極東外の人々をまとめたり、有事の際は防衛出撃する義務もある。

極東は武装解除された地であるが、騎士達は聖連との協調有りとして武器を持てる例外な存在

 

 

hora0752

 

 

 

「ちょ、ちょっと……どういうことですの!?」

 

 

 

 

 

 

hora0753

出てきた相手はなんと向井・鈴で。

ミト

「私は相対する相手を望んでいましたのに」

「わ、わたし、じ、自分で来たんです」

 

 

 

 

 

hora0754

 

 

『我々騎士が居ることで、人々は聖連に逆らう意思を高めてしまうかも知れません。』

 

 

 

 

 

 

hora0755

 

 

『しかしそうなった場合武蔵を我々の手だけで守るのは到底無理です。人々の安全を第一に考えた場合、聖連に降伏するしかありません。即ち――』

 

 

 

 

 

hora0756

 

 

「武蔵騎士団、そして領主代表ネイト・ミトツダイラ

が領民に宣言いたします」

トーリ

「……よくねぇな」

 

さすが主役、すぐ気付いた。いろいろと解ってるかどうかはともかくw

 

 

hora0757

ネシンバラ

「武蔵の騎士は、市民と戦い負けるツモリなんだ!」

直政

「どういうことさね。負けたらこの相対、2-1で武蔵側の勝ちってことになるんじゃ」

「最早勝ち負けの問題じゃない。騎士階級が民にかしずくというのは、その階級を返上するってことだ。つまり武蔵から騎士が居なくなる。武蔵は戦いたくても戦えなくなるんだ」

 

つまりどういうことだってばYO(゚Д゚)

 

世界は今中央集権制で、強力な権力集中機構により大規模な抗争を行えるようにし、変化の激しい時代に迅速な対処を行えるようにしている。だが、いずれ来る革命がその流れを変える。

しかし上の権力者は、自分達の権利や政策の自由のために、市民革命に対しての聖譜記述の歴史再現をセーブする傾向にある。いつか来る革命の時期を待つ市民。

そんな中で、騎士ミトツダイラが武蔵市民に屈したとしたらどうなるか。ミトは権限を失い市民となり、市民は代わりに権限の獲得を謳うこととなるだろう。

これから武蔵が移譲される中で、市民は各国に帰化していくであろう。そして革命を体験した市民を受け入れた国は、いくら王権が拒否しても、それを経た国民がいるのだから、歴史再現はなさなければならない。

いずれ起こる各地での革命の中で、帰化していった元・武蔵の市民は、その経験で中心的存在になるだろう。そうなれば武蔵の民の権力は他国のそれよりも上になるはず。

それが、武蔵の騎士として、領民達に出来る最後のこと。

だからミトツダイラは膝をついた姿勢で頭を下げて――。

 

 

hora07koke

 

「おーいベルさん、ネイト止めてくんね?テキトーでいいから」

「えっ、ど、どう、や、やるの?」

「ああ、――乳を揉むのさ」

 

そして近寄ろうとした鈴はつまづき、バランスを崩しーの。

 

 

hora07koke2

降伏を認めます、と言おうとするのだが、

「助けて……!」

そんな言葉を耳にしてしまったら。

身体が自然に言葉を発する。

騎士として、市民に対してこの場でいうべき言葉。

それを言うために、ここに来たのだ。

hora0758

 

「安心なさい、わたくしを誰だと思っているのです」

 

( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)…

 

いや、いいとこだと思うんだけど、ここ

コノ演出はイッタイ……

百合騎士爆誕

 

 

hora0759

 

降伏するつもりだったのに、つい手を差し伸ばしちゃったっつーね。

 

「騎士の魂が民を救うのは、騎士道の義務ですわ。この相対、不覚にも私の勝ちですわね」

 

これで勝ち負けは1vs1

 

 

hora0760

 

 

オリオトライ

「次はあなたの番よ。手段はやっぱり、あなたの得意な討論と演説かしらね」

 

 

 

 

 

 

hora0761

 

午後1時50分 栄光丸・艦橋

ガリレオ

「中継を見ないのであるかね?元教え子」

インノケンティウス

「あ?別に見ずともいい。どう転んでも俺達には旨い話だよ」

 

 

hora0762

 

 

「全ては無かったこと。歴史上三河が消えたことなどあってはならないのだから」

 

しかし、もしも姫が生き残れば、どちらも『無かったこと』には出来ない。

 

 

 

hora0763

 

トーリ

「じゃあ俺先行!……オイオイ、なんだこの沈黙!?」

正純

「討論は後攻のほうが有利……鉄則だぞ」

 

 

 

 

 

hora0764

 

 

 

「要は一つだ。権限の奪還も何も、ホライゾンを救ってコクるという壮大な計画の足がかりでしかねえ。

 

だから、ハッキリさせとこうぜ。

 

 

 

hora0765

 

 

ホライゾンを救いにいく上で、何が得で、何が損なのか。

 

だからまあ、まずはこっちの立場を明確にしておこうか……。

 

それは……」

 

hora0766

「――やっぱホライゾン救いに行くの……やめね?」

 

 

hora0767

「あ、な、な、なにぃぃぃぃ!?」

一同総ツッコミ

 

つーわけで、いろいろ紆余曲折あったけど、素晴らしいヒキで7話は終わり。

冒頭にも書いたけど、端折りすぎてたな。1クールらしいからしょうがないのかも。

ってか、1クールで纏まるのかっ?2クール目も確定してるって話だが。

アクションシーンはさすがのデキ。そして説明が多いのももう慣れたYO!!

ゆえに、シロジロと直政の戦いが印象的で他が霞んだ感。

そして異彩を放つクラウザーさん、ワロタw

珍しくサービスシーン、無かったんでね?

トーリの裸と直政の胸揺れはあったが(´∀`)

(;・∀・)ハッ? まさか百合騎士!?

 

 

次回は『全域の支持者』 トーリvs正純だな!

境界線上のホライゾン 関連商品

 

[Blu-ray]

 

境界線上のホライゾン
〔Horizon on the Middle of Nowhere〕
1 (初回限定版) [Blu-ray]
tokuten.jpg  


封入特典

原作者書き下ろし小説
etc
境界線上のホライゾン
〔Horizon on the Middle of Nowhere〕
2 (初回限定版) [Blu-ray]
 

 

 

[Book]

 

アニメ第5話までの内容。よく売り切れてるので品薄,注意。


境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
アニメ第6話からの内容。視聴後読めばより深く理解。

境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
境界線上のホライゾン2〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>境界線上のホライゾン 第7話「武蔵の騎士」 感想 from 日刊アニログ
安心なさい私を誰だと思っているのです 聖連側の代表である正純達と武蔵・アリアダスト教導院側のトーリ達は相対勝負をすることに。 それぞれのやり方でトーリ達の覚悟と力を試す >>READ

2011.11.15

>>境界線上のホライゾン 第7話 「武蔵の騎士」 感想 from アニメとゲームと情報局!
「境界線上のホライゾン」 http://sundome1919.blog.fc2.com/blog-entry-15.html  第7話 「武蔵の騎士」 の感想記事です。   ホライゾンの命運を懸けた3番勝負。   トリはモチロン、トーリ >>READ

2011.11.15

>>境界線上のホライゾン第7話『武蔵の騎士』の感想レビュー from gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
俺の嫁(゚∀゚)キタコレ!!だと思ったら、むしろキマシタワーだったw回でした。 いや、アクション的には前半の直政&地摺朱雀ד冷面”シロジロのバトルに、意外性という意味ではト >>READ

2011.11.16

プロフィール

イチロウタ

Author:イチロウタ
ようこそ!このブログは
アニメ寄りな雑記が多いです。
同じような趣味な方、
相互リンク歓迎(´∀`)

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
公式リンク
境界線上のホライゾン
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。